「昼寝の効果」

朝起きてから夜寝るまで、ずっと活動していると、かなり疲労が溜まってしまいます。
その為、夕方にはかなり疲労感が強くなってしまいます。

特に早寝早起きをしている場合は、午前中の活動量が多いので、昼食後に仮眠を取ったほうが午後からの活動もバテにくくなるようです。
健康のために早寝早起きをして、なおかつ昼間に仮眠を取ることで、より効果的に1日の時間を使っていくことができやすくなります。

とは言え、昼間の仮眠を長く取り過ぎてしまうと、夜の睡眠に影響を与えやすくなってしまいます。
また、夜の睡眠は6時間以上取るようにしたいものです。

日本人は睡眠時間が短いと言われていて、十分な疲労回復ができないことが問題の一つとなっています。
心身の健康を維持していくためにも、睡眠時間を削らないようにしていきましょう。

昼間の仮眠は夜の睡眠不足を補うのにも効果があります。
睡眠は長く寝たからと言って、良いとは限りません。

ベストな睡眠時間は個人差があるので、自分に合った睡眠時間を知っておくことも大切です。
平均的な睡眠時間は6時間から8時間程度といわれているようです。

しかし、必ずしもすべての人がその睡眠時間に当てはまるとは限りません。
睡眠は足りなくても、寝過ぎてしまっても、体調不良に繋がってしまいやすくなります。

毎日同じような生活をしていても、体調は日々違いますし、周りの環境によっても疲労度は変わってきます。
十分な睡眠を確保できるスケジュールで生活するようにし、忙しいからと言って睡眠時間を真っ先に削るようなことをしないようにしたいものです。

昼間の仮眠を取り入れることで、疲労の回復効果を早めることが期待できます。
昼休みの時間を有効活用して、少しでも眠ることができるような環境を作っていきたいものです。

特に春は何かと環境が変わりやすい時期なので、いつも以上に十分な睡眠確保を意識していくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました